ハムスターを飛行機に乗せる際の注意点

※当サイトはプロモーションが含まれています

当ページでは、ハムスターを飛行機に乗せざるを得ない場合の預け入れ方法や注意点、準備しておくと良いグッズについて紹介しています。
「遠方への引っ越しなどでハムスターも飛行機移動が必要!」といった方にとって役立つ情報をまとめました。

ハムスターにとって飛行機移動はとても負担が大きいため、ストレスを最小限に抑えて弱らせないためにも、ぜひ当記事を一読ください。

ハムスターを飛行機に乗せることはできる?

ANA、JALなどの大手の航空会社では、ハムスターの預かりサービスがあります。
手荷物として客室へ持ち込みはできませんが、貨物室に搬入して運んでもらえます。

手数料は航空会社や移動区間によって変動しますが、一匹4000円~7000円程度です。
ケージサイズを「幅25cm×奥行35cm×高さ25cm」程度までにすると、最小の料金で預けることができます。
また、事前に預け入れの予約や必要書類の準備をしておくと、さらに料金が安くなったり当日のカウンターでの待ち時間が短縮されたりするため、余裕があれば事前準備することをオススメします。

ハムスターを飛行機に乗せる際の注意点

ハムスターの預け入れの際の注意点をまとめました。
利用予定の航空会社のホームページも一通り確認しておくと安心です。

幼いハムスター・老齢のハムスターは預けられないこともある

生後間もない赤ちゃんハムスターや老齢で元気が無いことが明らかに分かるハムスターの場合は、預け入れをお断りされる可能性もあるのでご注意ください。

このようなハムスターは特に環境の変化による負担で亡くなってしまうリスクが高いです。
親戚に預けたり、陸送を選択したり、近所の里親を探すなど、飛行機に乗せる以外の手段も考えることを推奨します。

当日は早めに空港に到着すること

サービスカウンターでの預け入れ手続きに時間が掛かるため、当日は早めに空港に到着する必要があります。
通常より1時間程度早く到着しておくと安心です。

丈夫なキャリーケージを準備すること

ケージはプラスチック製または金属製などの丈夫なものを利用してください。
飛行機移動の際の激しい揺れで破損する恐れのあるガラス製のケージや、内部がつぶれる恐れのある布製のケージでは預けられません。

以降でオススメのキャリーケージを紹介しているので、よかったらご参照ください。

キャリーケージの中身は極力空にすること

ケージ内の回し車、給水器、オモチャなどは、預け入れの際に取り除く必要があります。
移動時の揺れで飛んで行ったりする可能性があって危険なためです。

私のケースの場合、床材と最小限のエサは入れていてもそのまま預け入れることができました。

ペット輸送サービスを利用するとより安全に運べる!

空港までの移動距離も長くて、夏場や冬場に長時間の徒歩移動や電車移動をしなければならない場合は、「ペット輸送サービス」を利用するのも手です。
ペット輸送サービスを利用すると、自宅から目的地の場所までドアtoドアでペットを配達してもらえます。
飛行機による輸送が必要な場合、自宅~空港・空港~目的地までの移動も空調完備された専用車で運んでくれます。
料金は輸送区間などによって変わるので見積り依頼をする必要がありますが、1.5万円~4万円程度かかります。
基本的に引き渡しと同日に受け取りですが、翌日に受け取りたい場合などは追加料金を支払うことで、対応してもらうことも可能です。

見積り依頼はこちら:ペットの輸送の概要・内容(ヤマトホームコンビニエンス)

長距離移動の際に準備しておきたいグッズ

以降では、ハムスターを長距離移動させる際に準備しておくと良いグッズについて紹介します。

キャリーケース

飛行機搭乗時に預け入れが可能なおすすめのキャリーケースを紹介します。

まず1つ目のオススメのキャリーケースは、三晃商会の「ルックルック フォーチュン(ミニ)」です。
サイズは幅20cm × 奥行33cm × 高さ23.2cmで、重さは約900gとなります。
回し車(直径12cmなので小さめ)や給水器も付いており、小さなハムスターの飼育用ケージとしても使えるようになっている商品です。

上部2か所と側面2か所にトンネル等を接続可能な穴があります。
メインの飼育ケージにルーミィシリーズのケージを利用されている場合は、トンネルで繋いで別荘として普段使いできるのも良い点です。

冬場など床材をたくさん敷き詰めて運んであげたい場合や、短期間の移動で小さめのケージで十分という場合は、「Gifty ハムスターキャリーケース」が便利です。
サイズは幅23cm x 奥行17cm x 高さ16cmで、重さは340gと軽量で持ち運びやすいです。

水分補給用ゼリー

車や飛行機内での輸送中は、ケージから給水器を取り外しておくことを推奨します。
キャリーケース付属の給水器は作りが簡易的で、移動時の振動や揺れで簡単に水が垂れてしまい、ケージ内が水浸しになってしまうリスクが高いためです。

移動時も水分補給が可能となるように、代わりに水分補給用のゼリーを入れてあげるのをオススメします。
以下の「水分補給アクアゼリー」という商品は、水分に加えてミネラルも含まれているゼリーです。
ハムスターは移動中の気温や環境変化のストレスでミネラルを失いがちなので、水分と併せて補給してもらえるようにしておきましょう。

保冷剤(夏場)

夏場は外やエアコンの効きが悪い場所を移動する場合に備えて、保冷剤を用意しておくと安心です。
ハムスターは汗をかかないのでウチワなどで風を送ってもあまり効果はありません。
気温そのものを下げることができるようにしておきましょう。

カイロ(冬場)

冬場の移動をする際は、カイロを用意しておくと安心です。
ケージ付近の気温が20度を下回りそうな時は温めてあげましょう。

おわりに

ハムスターを飛行機に乗せる場合の注意点や用意しておくべき物について紹介しました。
ハムスターにとって飛行機移動は気温変化・環境変化が激しく、とても負担が大きいです。
ストレスを最小限に抑えるためにも、可能な限り準備・対策をしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました